右半身麻痺の父の今後を思う

私の父は芦屋市で内科医をしていますが、その父の話です。父は54歳の時円形脱毛症と脳梗塞になりました。右半身に後遺症が残り、それ以来右手はグーのままとなり、右足は思うように動かせなくなりました。それでも左半身は普通に動かすことができるので、補助具を使いながら自分のことは自分で行うことができます。「なんとか」といった感じですが…。そんな父に驚くのは、20年ほどたった今でも生きているということです。大阪で脳梗塞になった当時、私は父がこんなに長く生きれるとは思っていませんでした。脳梗塞=死というイメージを持っていたためです。しかしどうやらそれは間違っていたみたいです。ただ、20年ほど世話をしてきて今思うのは、ひとりでトイレを済ますことができなくなったときは自宅での生活が難しくなるだろうということです。今までにも体調の悪いときにはトイレの世話をしましたが、介護の中でもトイレが一番大変なのではと私は思います。これができなくなったときは老人ホームにお願いするしかないかなと思っています。父には申し訳ないのですが…。

“右半身麻痺の父の今後を思う”への1件の返信

コメントは受け付けていません。