再生医療は夢の治療法から現実的な治療法になりつつある

再生医療は「夢の治療法」という印象がありますが、今やそれは夢ではなく現実的な治療法として未来に大きな可能性を秘めていると考えます。今までは臓器が機能しなくなれば、医薬品の摂取や器具を使っての補助、あるいは臓器移植などの方法がとられていました。しかし、再生医療は自分の細胞を使って新しい臓器を作るというところに大きな期待があります。臓器移植の場合は拒絶反応などの問題がよく取り上げられますが、自分の細胞で作った臓器であればそういった懸念は少なくなるのではないかと思われます。また臓器移植というのは大きなことで、誰でも受けられる手術ではありませんが、再生医療になれば一般的な治療方法としてどのような人でも受けることができるようになる期待があります。特別にお金がある人だけが受けられるものではなく、所得に関係なく誰でも受けることができるものであれば、多くの人が救われていくでしょう。また、事故などで手足などの体の一部分が失われた人が、再生医療によって取り戻すことができる期待もあります。