再生医療の実用化に期待しています。

私は30代の女性です。生まれつき目が悪く、幼少期に弱視の疑いがあり、失明する可能性もあると言われていました。幼稚園の頃に発覚し、それから通院を続け、何とか矯正すれば視力は出ています。網膜剥離になる可能性が高いと言われ続けていますが、小さな穴はいくつかあるものの、何とか耐えている状況です。20代、30代が一番安定している時期と言われていましたが、先日、新生血管が発覚し、眼球注射をしました。幸い、視力低下にはなりませんでした。病的近視が原因だそうです。それだけでなく、同じことが原因で、緑内障の可能性も他の人に比べて、かなりの高確率で発症するそうです。以前、iPS細胞は、命への影響が少ないことから、目の治療と毛髪の育成から実用化が始まると聞きました。実際に目の手術は何例か行われています。結果が良好な方も多いようで、とても期待しています。私の場合、今すぐ治療が必要というレベルではありませんが、日々悪化することや、緑内障になるのでは、とビクビクした生活をしています。病気になることは怖いことに変わりはありませんが、再生医療が一般的な治療になれば、今より不安は減らせるのにな、と思い、実用化を待ち望んでいます。